雨の日にバスに乗って感心した運転手さんの気遣い

私は通勤にバスを使っています。今日も帰宅するのにバスに乗っていたのですが、外は大雨が降っていました。

目的地のバス停に着いたのでバスから降りたのですが、いつもと景色が違います。周りを見るといつも止まるバス停が少し先に見えました。何で手前で止まったのだろう?と疑問に思ったのですが、すぐになぜだか分かりました。

降りた地点で上を見上げると、商店街のお店が出している小さな屋根があったのです。バスの運転手さんはバス停の少し手間に止まって屋根のある場所でお客さんを降ろすようにしたのでした。

私はバスを降りながら、気遣いのあるバスの運転手さんに大変感心しました。なるほど、このような小さな気遣いが仕事をする上で大事なのだと思いました。

ここ数日は雨が多くなりそうなので、バスのみならず、車の運転をされる方は、このような何気ない気遣いがあると、同乗者の方に感謝されるのではないかと思います。